ペットが亡くなったらどこで火葬してもらえばいいの?

可愛いペットにキチンとお別れをするために、知っておきたいお見送りの仕方

個別の火葬から、公営の合同火葬までいろいろ

ペットが亡くなった時に、ワンちゃんの場合は自治体に届け出なければなりません。 大部分のワンちゃんが狂犬病の予防注射のために、市区町村の役所に登録されていますので、お知らせが引き続き送られて来るからです。 死亡届けの手続きは30日以内にしなければなりません。 早めにペット葬祭業者に相談するのも良いでしょう。

業者に来てもらう場合や引き取ってもらう場合

ペットの葬祭業者に来てもらう場合は、ご自分のスケジュールに合わせてお葬式を執り行う事ができます。 業者にもよりますが、セレモニーカーによる自宅での火葬や、お葬式、個別霊園への納骨までお願いできます。 お預けするだけであれば、自治体で合同火葬・埋葬を行っている地域もあります。

お骨壺の有無や個別霊園、合同墓地埋葬など

ペットをお預けするだけで葬祭業者を使う事も出来ますが、お骨を残したい!お墓参りがしたい!という方は個別でお墓を残す方が良いかも知れません。 合同墓地への埋葬ですと、費用はかなりお安く済みますが、お墓でのご自分のペットの特定ができません。 お値段もいろいろありますので、ご予算に合わせて選んでみましょう。

自治体・役所に届け出なければいけない場合

大切な我が子のように可愛がってきたペットを失った時の悲しみは、想像を遙かに超えるものがあります。
時には慰められたり励まされたり、家族で笑い合ったその輪の中にペットたちはいました。
いたずらが過ぎたり、躾が大変だったりと困った事もあったけど、それもいい想い出になったでしょう。
きっといろいろ楽しかった事が蘇り、何も手に付かなくなるのではないでしょうか?
でも、家族の一員であるペットが亡くなった時に、飼い主として行わなければならない事がいくつかあります。
それがお見送りです。ワンちゃんなどの場合は自治体に届けなければならない場合もあります。
お見送りは自治体・役所連絡した場合、預けて火葬と合同で埋葬してもらうのが一般的です。
また、ペット葬祭業者に連絡して来てもらい、セレモニーカーでの火葬や、拾骨の出来る個別の火葬を用意してもらう事ができます。
お任せでも可能で、お骨壺に納めてもらい、それを納骨します。
合同墓園などの場合は個別のスペースはなく、墓石も特に設けていない所がほとんどで、この墓地に葬られているのだなと分かる程度です。
個別の墓園などの場合はさまざまなバリエーションがあります。
人と同じように墓地に墓石のあるものや、建物のスペースを使った床の間式のもの、カプセル式のものなどです。
合同の仕様と比べてその分お値段も張りますが、個別の空間が確保されていますので、お墓参りの実感が湧くという事もあり、人気が高いようです。
慣れないペットの火葬の事や葬祭の事。まずは自治体や信頼のできるペット葬祭業者に連絡してみる所から始めましょう。
きっと自分にあった愛するペットのお見送りの仕方が見つかるはずですよ。