可愛いペットにキチンとお別れをするために、知っておきたいお見送りの仕方

>

個別の火葬から、公営の合同火葬までいろいろ

ペットが亡くなった時の連絡先

ワンちゃんのように自治体に届け出なければならないペットの他に、トラやライオンやマムシ、鷹やワシ、ワニの様な人に危害を加える恐れのある「特定動物」に指定されたペットも死亡届けを出さなければなりません。
お葬式や火葬をする場合、自治体によっては取りまとめて公共火葬や合同火葬の後、合同墓地埋葬を行っている所もあります。
お値段も手ごろで預けるだけですので、手間がかかりませんが返骨はできません。
また、お見送りも出来ませんし、お墓が合同ですので個別のお墓がありません。内容をよく確認してお任せする事が大切です。
個別にお見送りをされたい方は、ペット葬儀業者を使うのが良いでしょう。
大々的なセレモニーや、花を飾った祭壇のあるものへと進化しているものもあります。

時間を掛けてペットに寄り添った送り方

愛くるしい表情でご家族をいつも和ませてくれた、可愛いペットとのお別れの時間が近づいて来ました。
いつまでも悲しんでばかりはいられません。
今まで励ましてくれた、力付けてくれたペットへの感謝の気持ちを込めて、しっかりとお見送りをいたしましょう。
一般的な個別火葬では、ご家族が斎場へ連れ添い、葬儀を執り行った後に火葬するやり方が多いようです。
業者の方が拾骨し骨壺に納める方法や、ご家族が立ち会う方法なども色々選べます。
神社の神主さんや、お寺さんでの読経など、本格的な葬儀を取り入れた業者もいるようです。
最近では家族の一員として、まさに我が子を見送る気持ちで、天国への旅立ちを願う親御さんが増えているようです。


この記事をシェアする