可愛いペットにキチンとお別れをするために、知っておきたいお見送りの仕方

>

業者に来てもらう場合や引き取ってもらう場合

個別火葬や自宅での葬儀

ご遺体は冷たくなるにしたがい硬直してきますので、タオルや毛布などにくるみ、温めながら少しずつ曲げて戻してあげましょう。
まるではしゃぎ疲れた時の寝姿で、すやすやと眠っているように見え、元気な時の姿を思い浮かべる事ができるでしょう。
ペット葬儀業者の中には、火葬炉を載せたセレモニーカーで個別の火葬を行ってくれる所もありますので、都合の良い日にちや時間帯を選んでお葬式をする事ができます。
豪華な飾りや、お花、焼香のできるセレモニーもあります。
お清めの後はペットの好物だったお菓子や小物を棺に入れてお別れします。
火葬が終わったら、お骨壺に納めてもらいます。ご家族でお骨を拾う事もできますし、すべての返骨も可能です。
お墓への納骨は個別霊園等にて、皆さんで参列して可愛いペットの「天国への旅立ち」の無事をお祈りいたしましょう。

忙しい方は業者にまかせる

家族同様に暮らして来たペットとは言え、仕事や家事が忙しくて、火葬やお葬式の時間がなかなか取れないと言う方も多い事でしょう。
もう少し落ち着いてからご供養されたり、お墓参りをしたいと思う方もいらっしゃいます。
しっかりとしたペット葬祭業者を選んで、おまかせするのも一つの手ではないでしょうか。
葬祭業者の中には、無料手続き、無料出張をしてくれる所もあるようです。
その後の納骨やお墓の手配など、手早さと気配りができる業者を選ぶのがコツですね。
何でも詳しく説明してくれる葬祭業者が安心して任せられるようです。
例えば、自治体・役所での火葬や合同墓地の価格とその業者の価格の違い、それを踏まえての内容の違いや今後の対応などがあげられると思います。


この記事をシェアする