可愛いペットにキチンとお別れをするために、知っておきたいお見送りの仕方

>

お骨壺の有無や個別霊園、合同墓地埋葬など

みんな一緒の合同墓地 

自治体・役所で火葬をしてもらえる所もありますが、ほとんどが合同で、いろんなペットが一緒に火葬されてしまう事になります。
基本的には立ち会う事はできず、お別れは預ける時になります。
なぜなら、人の火葬が優先されるので、ペットの火葬はその合間を見て行われる事が多く、時間の確定が出来ないからです。
一緒に添える品物も、ごく小さなもので許される範囲で預けます。
火葬の後で返骨もしてもらえないので、お骨を残したい方には向きません。
合同墓地についても、個別霊園などよりも価格がお安くなっていますが、ご自分のペットが特定できるものもなく、名前も記名されないのが普通です。
定期的にお墓参りをしたいと望む方は、個別霊園などに墓石や記念碑が備えてあるものを選択されるのが良いでしょう。

お骨壺もある個別霊園

個別の霊園も今ではさまざまなものがあります。
墓地のように土地の上にお墓のあるものや、霊廟の中にあるもの、マンションやビルの一室を使ったものなどです。
どちらも個別の空間が設けられ、可愛い我が子の記名や写真、想い出の品物を飾るスペースが確保されているケースが多いようです。
その前に立った瞬間に、生きていた頃のあどけなさが蘇り、ご家族で涙したり笑ったりと想い出に浸る事ができるでしょう。
個別霊園は、ペット葬儀業者にお願いする事が多く、お葬式や火葬もセットになっていますので、拾骨をお願いする事もご家族が行う事もできます。
お骨はお骨壺に納められて、お墓に納骨する事も自宅に持ち帰る事もできる場合が多いようです。


この記事をシェアする